EXAMPLE デザイントラック

【トラックを使ったブランド戦略】@広島陸送株式会社さま

広島県広島市西区に本社を置く、広島陸送株式会社さま

陸送事業に始め、引っ越しや物流まで手掛けるロジスティクス企業です。

今回は前回制作させて頂いたコーポレートデザイントラックを

増車したいとのことでリピート頂きました!

 

潜在層へのトラック広告の効果は抜群なんです!

なぜなら次の3つのポイントがあるからです!

 

 

~今回事案のトラック広告のポイント~

✓ ①潜在層へのアプローチ

✓ ②強制視認性や反復性がある点

✓ ③自社トラックならではの強み

 

 

①今回のケースでいえば「ひろりくトラック」は

全部で十数台が決まったエリアを走行することになるので

ある種ドミナント戦略の施策にもなります。

 

「よく見るよね、あのトラック!」

「『ひろりく』ってなんだろ?」を

何をしようか決まっていない求職者に対して、アプローチすることができます。

なり手不足の運送業界は、未経験者の採用が多い傾向にあります。

「まさか自分がドライバーになるなんて!」

こういった話はどこの企業様でも良く聞くことができる話です。

未経験者に対し、機会損失を防ぐためにも

求人サイトや求人プラットフォームでの露出はもちろんですが、

リアルでも発信することもとても大切です。(→③で解説)

 

②またバスと同様に定期便で走るトラックは同じルートを反復して走行し、

それを見る私たちも出社などは決まった時間で行動するので、見る機会が多いでしょう。

しかもWEBのバナー広告の様に嫌われることなくです。w

 

アドトラックのように音や光物で短期集中する媒体とは異なり

トラックを通常業務で使用しながらコツコツと

ブランドイメージを植え付けるようなものです。

 

③自社トラックで自社のプロモーションをするということは

求職者に対して、

✓働きたいエリア

(見た場所が走行エリアだから)

✓実際に働いている人の雰囲気

(見たトラックに乗っている人が社員だから)

が同時に伝えられます。

この点もリアルで発信する魅力となりますね!

 

<<まとめ>>

企業の課題それぞれに合わせた

トラック広告が有効なターゲットや、
トラック広告ならではのプロモーション方法があります!

一般的な交通広告単体では効果測定も取りづらく、

当社では

トラック広告×WEB

を組み合わせることでシナジー効果を狙った施策をご提案いたします♪

課題解決に向けて一緒に取組んでいきましょう!

 

 

<<ホームページ>>

※画像クリックでリンク飛べます。

 

<<リクルーティングサイト>>

※画像クリックでリンク飛べます

 

 

 

 

前回はコチラ

 

※画像クリックでリンク飛べます

 

当社でも2号線などで何度も見かけ、その際は

青と赤のロゴマークがとても印象に残りました^^

 

 

~今回の修正点~

✓ 目的をさらに明確に → 社名周知・リクルート

✓ デザインを修正 → 愛称「ひろりく」を追加。

今回から後のデザインも追加

 

 

など提案いたしました。

後ろデザインは数パターンあるので意識してみてください!

 

FUSO キャンター パワーゲート付

UD コンドル ウイング車

ゞ ISUZU

フォワード FORWARD

 

いすゞ ISUZU

エルフ ELF

 

 

 

CONTACT お問い合わせ

堀越車体株式会社へのお問い合わせは
記よりお願いいたします。
〒733-0833 広島県広島市西区商工センター1丁目6-40
TOP